筋トレのダイエット効果とは

gf2160280224l

ダイエットは体脂肪を燃焼させることが主眼となります。そして脂肪は筋肉によって燃焼されますから筋トレによって筋肉増量をはかり燃焼効果を高めます。
特に下半身の筋肉が重要とされています。ウォーキングなどの有酸素運動も下半身の筋肉を刺激するトレーニングであるため効果は高いといえます。

 
人間の身体の4割は筋肉でそのうちの7割は下半身に集中しています。基礎代謝を高め、脂肪を燃焼させるためには下半身を鍛え筋肉をつける事が最も有効です。また、鍛えることによって疲れにくく、太りにくい体質となります。有効なトレーニングは一般にウォーキングとされています。
筋肉は速筋と遅筋に分けられ、脂肪燃焼に必要なのは速筋とされています。速筋とは瞬発力にかかわる筋肉で重い負荷によって鍛えることが出来る筋肉です。

 
下半身の筋肉は老化とともに衰えます。しかも上半身に比べ衰えるスピードは速く、ほおっておくと代謝能力はどんどん衰えていきます。また、下半身は「第二の心臓」とも呼ばれ、足の先から心臓まで血液を送る働きをしています。「老化は足腰から」と言われるように足の筋肉が衰えると太りやすくなるばかりか、むくみや疲れがひどくなり歩行にも影響が出ます。ダイエットを含め体の健康管理を行ううえでも下半身の筋肉維持は重要となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check